笑顔の種類とは?

人とのコミュニケーションにおいて「笑顔」は人の心を安心させる働きがある。

しかし、相手は本当に心の底から笑っているのか不安になる事がある。

本当に心の底から楽しませていないのに、楽しませる事ができたと勘違いするのはよくあることだ。

人の笑顔には3種類ある。
これらの笑顔はどうやって見分ければいいのだろうか?

人の笑顔の3つの種類

①本当の笑い
・頬の筋肉が目じりの近くまで持ち上がる。
・唇の端と目じりが近づく。
・体が揺れるなど体全体で笑いを表現する。
・表情が左右対称になる。

このような特徴が現れた時は心の底から笑っていると考えてよいだろう。

②作り笑い
・頬の筋肉は動くが目じりまではあがらず、口角も上がらない。
・目じりにしわは寄らず、口角だけ上げている。
・顔だけで動きを作っており、体全体はあまり動かない。

目上の人の前など、笑顔を作っている場合はこのような笑顔になる場合が多い。

③軽蔑の笑い
・片側の口角だけが上がるなど、左右非対称になりやすい。
・体が左右非対称になりやすい。


まとめ

いかがですか?
③軽蔑の笑いが出たときは要注意です。
あなたの話に何らかの問題がある可能性が高いです。

このように「笑顔」の裏を読み取ることでコミュニケーションをより円滑に進める事ができるようになるのです。
スポンサードリンク