☆後悔しない!自己ブランディング☆

自己ブランディングとは何か? それは自分自身の「価値」を高めること。 「価値」を高める上で重要なことや、新しい「価値」の情報を提供していきます。 [-たまごろうラインスタンプ-] https://line.me/S/sticker/1132326 本ブログのイメージキャラクターです。

2017年05月

日本の人手不足は深刻!これからさらに人手は足りなくなる!?

人手不足は全国的な傾向があり、2017年5月には13カ月連続で全都道府県で有効求人倍率が1倍を上回り、バブルを上回る水準に達した。 

完全失業率は3カ月連続で2.8%となり、これもバブル期並みの低さを維持している。 

今後、少子化が進むにつれてさらに人手不足は加速していくことだろう。


今後少子化が進むとどうなっていくか?

人手不足の中でいかに人材を確保するかが、今後、企業経営者にとって大きな課題になる。

事務職の仕事はどんどん効率化され消えていく会社も増加するだろう。

現状は少子化によって働き手が減少しているが、定年の延長や女性の参画が活発化することによって雇用を確保している。

今後さらに少子化が進むとどうなるだろうか?

恐ろしいことに雇用を確保するために定年をさらに引き上げる可能性が考えられる。
もちろん、AIや自動化技術が進むことである程度の雇用は代替が効く。
しかし、現在の若い世代は70歳でも現役で働かなければならない可能性があるのだ。

働いて一生を終える…
そうならないように「自己ブランディング」をする必要がある。

誰もが憧れる「スリム」なボディー…
美意識を常に持ち続けることで自分の価値が上がります。

痩せていない人より痩せている人の方がモテます。
モテる人は「精神的」にも「金銭的」にも人生において確実に得をします。

   
今回は、天使のように綺麗に痩せられる「天使パウダー」をご紹介します。 



美容サプリランキング1位! 
『ナイナイアンサー』で紹介されて話題の乳酸菌ダイエット 美味しく飲めて本気ダイエットサポートサプリです! 


ビフィズス菌 、乳酸菌 、穀物発酵エキス、植物発酵エキスをバランスよく配合することで、高い吸収効果を実現!

引き締まった美しい肌と健康的な腸で天使シェイプを実感できます。 

天使パウダー





体質的なものなので中には効果の得られない方もいるようですが、本当に1か月で数キロ痩せる方もいるようです。

簡単にダイエットできる方法なので、あなたも一度試してみることをオススメします。


生産性向上が必要!AIの人事制度への適用へ

近年、日本企業の利益率や生産性の低さが問題視されつつあり、日本政府が「働き方改革」を推進するなど生産性向上が求められるようになった。
       
高度経済成長時代は、利益率を高めることよりも売上高を伸ばすことが重視されていた。

そのため、日本独自の「終身雇用制」、「年功序列」などの人事制度がうまく回っていたが、これでは生産性の確保ができない。
       

そのため、人工知能(AI)などのテクノロジーを活かした最新技術を人事業務に活用しようという動きが注目されている。


今後は生産性の見える化が必要

例えば、人材面では1人あたりの生産性を把握するためにデータの見える化をすることが必要だ。

そもそも日本では、自社の生産性を正確に把握できている企業が少ない。

こうした中、企業の人事部門はこれまでのように事務的に人材を管理するだけでなく、さまざまなデータを活用して従業員の生産性を把握し、企業の利益にどう貢献しているかを把握できるような新たな仕組みが求められている。
      
さらに今後は、数値データやテキストデータといった静的データのみならず、動画や画像、センサーなどの動的データも活用されるようになるだろう。

また、データがあればさまざまなシミュレーションも可能となる。

テクノロジーは急速な進化を遂げており、企業もより体系的な経営や人事をする必要がある。

テクノロジーを駆使することで、特に日本企業によく見られる「勘と経験による経営」からの脱却を目指したい。

ソフトバンクは新卒採用にAIを採用

ソフトバンクが2017年5月29日、新卒採用選考のエントリーシートを評価する際に、AIを活用すると発表した。
人事担当者がエントリーシートの確認作業に割く時間を75%削減できる見込みである。

統一された評価軸で適正な審査をするというが、本当に審査がきちんとされているのか!?という就活生からの声がありそうである。

公平性の証明が課題になりそうであるが、今後他の企業も追従して導入していくであろう。

会社内での自分のブランド価値を高める方法とは?

会社内で自分のブランド価値を高めるにはどうしたらいいのでしょうか?
ずばり、自分が会社内においてNo.1になることです。

ある特定分野においてで構いません。
「この案件はあいつに頼めば大丈夫だ」
「あいつに任せておけば間違いない」
と思われることが重要です。

そのためにはまず
「自分がどのような人間か?」
「他人にどういった役に立てるのか?」
を考える、つまり自己分析をする必要があります。


自分の得意分野は会社にとって必要か?

自分の得意分野が会社にとって必要でなければあまり意味がありません。

しかし、全て会社にとって意味がないということはないと思います。

あなたは自分の得意分野を会社のために活かせる方法を考えなくてはなりません。

さらにその中でNo.1になるだけ極める必要があります。


部下を有効に動かす

あなたの下には優秀な部下も優秀でない部下もいることでしょう。
しかし、限られた人数で最大限のパフォーマンスをあげなければなりません。

そのため、あなたは部下の得意分野を把握しなければならないのです。

全ての部下に同じことを求めてはいけません。
それぞれ能力も得意分野も違うのですから。
それぞれに合った接し方をすることが大切になってきます。

「自己ブランディング」を極めるためには他人の性格や能力も全て把握する必要があるのです。

iPhone8は10万円超え!?一体なぜ?

2017年内に発売が期待されるiPhone8は、過去最高額な端末になると予想されており、価格が最低でも10万円を超えることは確実となりそうだ。

価格上昇の理由は
有機ELの採用だ。
有機ELは画面が圧倒的に鮮明で目にも優しく、消費電力も少ない。
しかし、水分に弱く封止に課題があり、液晶ディスプレイに比べて寿命が短いという欠点がある。

3Dタッチセンサーを有機ELに組み込む場合、繊細なパネルを保護するために前面と背面の双方をガラスで覆う必要があり、これがコスト上昇を招くという。

価格上昇の内訳として
有機ELで+35ドル
3Dセンシング技術+20ドル
メモリのアップグレード+16~29ドル
新型 価格は大幅に上昇したが、これによってiPhoneのブランドイメージが崩れることはないためだ。

結局、何年も毎日使うものだから…
という理由で高くてもiPhoneを選択する人は多いのだ。

今回の有機ELの採用は新たなアップルのブランド価値を生み出すこととなり、アップルに新たな収益を生み出すことになるだろう。
当然高く売ることができれば利益も大きくなる。
今回のアップルの戦略に対して利用者がどう動くか見ものである。

↑このページのトップヘ