自分の芯をしっかりと持っている

あなたは自分の意見をしっかりと言えるだろうか?

例えば、左右に道が分かれていて前の人が全員左の道へ進んだ。
あなたはどちらの道を選ぶだろうか?

右へ行ったあなたは周りに流されています。

みんなが右だからあえて左に行く…
これも本当の自分の意見とは言えない。

周りがどちらへ進もうが関係ない。
自分の道は自分で決めるべきなのである。

オーラのある人は必ず自分なりの強固な芯を持っているのだ。
そのため周りに流されることはないのである。


自分なりのルールがある

芯のある人は決断が早い。
このような場合はこうする、という自分なりのルールができているのだ。

そのため、周りからすごいとか流石だと思われ、オーラを纏っているように見えるのである。

これは自分が窮地に陥ったときに真価を発揮する。
自分なりのルールがしっかりしている人は窮地に陥ったときも這い上がれる可能性が高いのだ。


芯を持ち、行動に一貫性を持つことができれば、オーラを纏っているように見え、周りを惹きつけることができるのである。